Velop 導入後の Wi-Fi 環境

先日の記事で Linksys の Velop を購入したお話を書きましたが,導入後についてのお話を書きます

Velop 導入前の大道のインターネット環境は,AirMac に PPPoE 認証をさせて AirMac からの  Wi-Fi は Mac 以外のデバイスからの接続に利用していました

その下部には Time Capsule での Wi-Fi 環境を構築し,こちらには Mac を接続し,Time Machine を使って常時 Mac バックアップをとっていました.更にリビングの AV 機器を有線接続するために無線 LAN を使っての延長機器(アイオーデータ製の AirPort,あくまでも無線 LAN)の下部に L2 SW をおいて AV 機器をインターネット接続していました

また AirMac のメッシュ機能を利用して寝室にも AirMac をもう一台設置して同じ SSID での Wi-Fi 環境を構築していました

NAS も導入していましたが,これは Time Capsule に有線接続して使用しており,低速ながらも使えるレベルでした

問題は,寝室の通信状況がとても不安定であり高頻度で通信断を起こしていました.これがイライラする環境でした(下の画像の左側参照)

IMG_0200.png

これらを上の画像の右側のように変更しました.具体的には,AirMac の運用をやめて PPPoE 認証は Time Capsule にさせ,Time Capsule の Wi-Fi 機能はオフとしました.この下部に Velop を導入することにより,家庭内の Wi-Fi は全てを Velop から制御することにしたのです

C38FAFA1-5B10-416F-8934-8FBACC0E0DFB

この際にVelop をルーターモード(通常のモード)で設定したところ,どうしても Mac から Time Capsule が見えなくなり,NAS にも接続できません.また画像には書いてませんがガラポンTVもネットワークから消えてしまいました

この問題解決に,試行錯誤を繰り返しましたが,意外と簡単な解決方法がありました.Velop をブリッジモードに設定すると全てが解決したのです

0A5BA94B-4490-48F9-BA2F-E7FB30B79406

どうやら,この設定にはコツがあるようであり,Velop 導入時の設定ではルーターモード(通常のモード)で設定し,全ての設定が終わってからブリッジモードにするとうまくいくようです.あ、これは未検証で感覚的な感想ですが(汗

とにかく,Velop を導入後の我が家の Wi-Fi 環境は劇的に安定かつ高速通信となりました.特に寝室の Amazon Echo の安定は今までが何だったのかと思うほどです

Velop ,特にトライバンドの製品は家庭用の Wi-Fi 機材としては決してお安くありません.しかし,それだけの価値は十分にあるというのが導入後の感想です!

広告

Podcast 編集から見た iPad Pro の Garageband

大道です .先日買った iPad Pro の第3世代,とても重宝して使っています.遂に MacBook をほとんど使わなくなったので MacBook が iPad Pro の下敷きになってます(笑)

IMG_9312

先週の エモグラス工作会 にも持って行き,その場でミラーレスカメラからの画像を取り込んでブログ記事用に加工したりと本当に便利です.軽いし,どこにでも連れていけます!

LRG_DSC04895

ただ,不満が無いわけでもありません

iOS 版の Garageband で Podcast 編集をする観点からはちょっと不満があるのです.今回は Podcast 編集から見た iPad Pro の Garageband について書きたいことがあるので書かせていたきます

下の画像は11月の MUGNET 定例会に参加した時の大道の卓上です.その日の深夜には TAC Podcast 2 第19回を配信する予定でしたが,夕方の時点ではまだ編集の途中でした.MUGNET 定例会への参加は諦めて家で編集しようかと思いましたが,電器屋Walker のコーヒーさんから「会場で編集すればいいじゃないですか」との助言(笑)を受けて,定例会の会場で編集をすることに.でも,持ち込んだのは MacBook Pro と iPad Pro でした.

IMG_9475

実は,macOS 版の Garageband で作成したファイルは iOS 版の Garageband では読み込めないので,結局は MacBook Pro で編集をするしか選択肢がないのです

0_07_33

TAC Podcast は通常の配信では,大道のソロコーナーは macOS 版の Garageband で録音し,姫と大道のコーナーでは,大道は Garageband で録音し,姫が Zoom 製の H1n で録音した音源と macOS 版の Garageband 複数トラックで編集して合わせています

スクリーンショット 2018-11-23 9.42.08

このファイルを iOS 版の Garageband で編集しようとしてみますが

IMG_0170

macOS 版の Garageband で作ったファイルは iOS 版の Garageband では開くことができず,編集はできません

IMG_0167

仕方なく,macOS 版 Garageband の機能で「iOS 用 Garageband に書き出す」を選んでファイルを作りますが・・・

スクリーンショット 2018-11-23 12.48.54.png

なんか,ファイルサイズが10分の1程度になっています.勝手に圧縮されたのか思いきや,もっと酷い状態になってます(笑)

IMG_0169

そうなんです,シングルトラックに勝手にオーサリングされているのです(^_^;

IMG_0168

これは iOS 版の Garageband がダメだというお話ではありません.iOS 版 Garageband は驚くくらいの高機能アプリで音楽を 1 から作ることも簡単にできるくらいです

実際,過去の AUGM 大阪では TAC 音楽部長(Macで音楽クラブ代表)の芝さんがステージ上で iOS 版 Garageband だけを使ってドラムパートからギターパートから他にも様々な楽器の音を作り,ボーカルまで録音して曲を30分で作成するデモをされたこともあります

つまり

macOS 版 Garageband → iOS 版 Garageband は機能が制限される

iOS 版 Garageband → macOS 版 Garageband はそのまま使える

ということなのです

もし,macOS 版 Garageband で作ったファイルがそのままの状態で iOS 版の Garageband でも編集できたら,大道は下の画像みたいな感じで,ビールを飲みながらバーで編集できますw

IMG_9366

今後,iOS 版の Garageband が iPad Pro に提供される Garageband だけでも改善されることを願ってやみません!

Tolkkisさんが新しいアルバムをリリース

Tolkkis(トルキス)さんが新しいアルバムをリリースされました

アルバム名は「Ethereal」(エスリアル)で10曲が収録されています

Amazonで購入はこちら

iTunesで購入はこちら

TAC Podcast 2 に提供いただいている4曲は先行して6曲作っていただいた名から選別したものに加えて計10曲としてアルバムが構成されています

Tolkkisさんにお聞きしたところ,タイトルの「Ethereal」(エスリアル)とは空気のような・天のという意味で,楽曲の音楽的な雰囲気から名前を付けられたそうです.今回もiPad上でKORG Gadgetという音楽アプリで制作されたそうで,マスタリングにはMacのLogic Pro Xを使われたそうです.すごいですね!

51hXKhb+r+L._SS500

Tolkkis さんと当番組 TACPodcast とのタイアップしてのアルバムも3枚目となりました.ぜひ皆さんもご購入ください(^^)/

ZOOM の H1n を買いました

ZOOMH1n を買いました

IMG_8235

H1n とは音楽用電子機材メーカーであり特に録音機器で有名な ZOOM 製のオーディオレコーダー(高品質な IC ボイスレコーダー)で,主に音楽などを録音する用途で使われるものです.音楽に無縁の大道が何故に購入に至ったかと言いますと,今回も MACKIE の MP−120 を買ったときと同様に 電器屋Walker のコーヒーさんからの薦めでした(笑)

ご存じの方もいらっしゃると思いますが,内容を一新して配信を再開した天王寺アップルクラブのポッドキャスト「TAC Podcast 2」は TAC 肉部長と大道の2人で皆さんにお声を届けています.以前の番組ではパーソナリティ同士を Skype のボイスチャットで結び,その音声をソフトウェアミキサーによって Mac に取り込んでいました

この方法はお手軽ではあるのですが,やはり音質が Skype の回線状況に依存することになり,高い音質を維持することはできませんでした.そのため内容がいくら高度なものでも音質は聴き取れれば良いくらいのレベルで配信する番組となっていました

大道は,以前のポッドキャスト番組をお休みしている時間を利用して他のポッドキャストをたくさん聴きました.そうすることにより,他のポッドキャスト配信者の皆さんが配信されている音について研究し,聴きやすい音とはどんなものかを勉強することが出来ました.また,Macで音楽クラブ さんに AUGM 大阪 June 2018 で整音について講演していただく機会があり,そこで更に勉強させていただきました.それにより,ほんの少しですが,ポッドキャストで配信する音がどのような条件を備えるべきかなどを考えながら編集するようになりました

まずは Skype の音声を Mac に取り込むのはやめ,それぞれが音声を録音してそれを GarageBand で一つの音声にする方法を取り入れることにしました.そこで基本となるのは音量がある程度確保された音声音源です.大道は USB 接続するコンデンサマイクで録音しているので問題ない音源を収録できますが,TAC 肉部長は適切な録音環境を持っていませんでした

IMG_8291

そのことを 電器屋Walker のコーヒーさん にご相談したところこの ZOOM H1n を紹介してもらったのです.で,ZOOM のウェブページで製品情報を確認したら,いつの間にか手元にありましたww

この ZOOM H1n は本格的な XY ステレオマイク(×の形で2つのマイクを配置)を搭載したハンディレコーダーで,旧製品から発展してメニューが日本語表示となりましたし,入力レベルがボリューム操作でアナログチックに設定できるのでオッサンにも安心です.ただ,入力レベルは自動にもできるのでそっちの方が便利ですけど(笑)

IMG_8240

IMG_8254

また,オーバーダビング(重ね録り)も出来るので,音楽を録音する用途で使う人なら先に楽器で演奏した音楽を録音して,その後に歌を重ねて録音することも可能です.また,記憶媒体は micro SD カード を採用しているのでコンビニでも買えます

IMG_8255

気になる録音性能は最高で 24bit で 96kHz のサンプリングで WAV 形式の録音ができます.大道のような素人に嬉しいのは,入力がオートレベルで自動調節録音ができることです.また,設定は簡単シンプルな操作のみでありボタンを押すだけです(^^)/

IMG_8260IMG_8262IMG_8264IMG_8268

ハード的な仕様は,3.5mmのステレオミニ端子のライン入力があり外部マイクによる録音やライン入力からの録音できます.またボリューム付きのヘッドフォン端子があるので録音音源の確認も簡単です.小さいながらもスピーカーも付いてますから,録ったらすぐにだいたいの録音内容確認もできます

IMG_8248IMG_8250

デジタル的なインターフェイスとしては Micro USB のポートを搭載しており,micro SD カード に記録した録音ファイルをカードリーダーとしてパソコンに取り込めます.さらに,Micro USB のポート経由して Mac や iPhone から USB マイクとして使うことも可能なようです(これは試してませんw)

IMG_8247

そうそう,忘れていけないのは本体の裏にはカメラの三脚と取り付けられるネジ穴があり,カメラ用の小さい三脚がマイクスタンドとして使えます

IMG_8273

早速,この ZOOM H1n を使って TAC Podcast 2 第5回の収録をしました.録音した音声の品質が高いのでノイズの除去も簡単でしたし,整音し甲斐もありました(^o^)

IMG_8301

配信当初は「音質」というものが何か全く分かっていませんでしたが,今は皆さんに番組を届けるなら少しでも聴きやすいようにと思っています.高価な録音機材を揃えて録音・配信することはできませんが,工夫して良い音を作り出すことに挑戦してみます.ちょっとずつですが音源を聴きやすくする技術を磨いて皆さんに聴きやすい番組を作っていきますね(^^)/

TAC Podcast についてお知らせ

TAC Podcast をお聴きいただいていた皆様へ

TAC Podcast は昨年より,パーソナリティの桂花さんの体調不良により休止しておりましたが,この度,正式に番組を終了することにしました.理由は桂花さんのお仕事が多忙となり,番組へのお時間が取れなくなったためです.

番組を楽しみにしていただいた皆様には本当に申し訳ありませんがご了承ください.

大道は別の方法で皆さんにお声を届ける方法を模索中です.その際はよろしくお願いします.

Tolkkis(トルキス)さんのニューアルバム

TAC Podcast で使用させていただいている楽曲,101回目からリニューアルしました

楽曲の提供は今までと同じく Mac で音楽クラブ Tolkkis(トルキス)さんです

な,なんとこの度,TAC Podcast 101回目以降で使用している4曲を含む10曲入りアルバム「Free Crossing」の配信が開始されました.今回のアルバムも前作と同じくダウンロード販売のみで,一年間配信されます.また,配信は Apple Music などのストリーミング配信には対応する予定はないようです

22290510_1423928681057045_877595131_n

iTunes Store での配信はこちら

Amazon での配信はこちら

大道は素人で全く分からない(笑)のですが,Tolkkis(トルキス)さん からの情報では,制作は前回と同様に iPad でミックスダウンまで曲を作って,スタリングをMacで調整して作成されています

iPadでは
KORG Gadget
KORG Module(Gadget音源として)
KORG iM1(Gadget音源として)
KORG iWAVESTATION(Gadget音源として)
KORG ODYSSEi(Gadget音源として)
を使用して作成し,

Macでは。
(DAW on Mac)
Apple Logic Pro X
(DAW Plug-in)
Linear EQ
Softube Saturation Knob
Waves Vcomp
Waves Vitamin
Waves L3-LL UltraMaximizer
などのソフトでマスタリングして完成しています

詳しいことは Tolkkis(トルキス)さんのページでご確認ください(^^)/

 

今回も本当に素晴らしい楽曲をありがとうございます!