E-Ink ディスプレイを試しました

とても久しぶりの投稿ですが、東京支部長のitsumaです。今回、SKT株式会社さんの協力を得てE-Inkディスプレイを試す機会があったのでレポートします。

img_20181026_113925.jpg

実は最近Macbook(2017)にメインマシンを変えてから少し悩んでいることがありました。本体の小ささには助けられているのですが、画面が小さく精細なため、目の疲れがひどくなってしまったのです。

自分の仕事場では、外部ディスプレイにつないでいるため、あまり気になっていませんでしたが、外出先でMacbookのみで作業をする機会が増えたことが一因かと思われます。

そこで徹底的に目に優しい作業環境は?と考え色々ネットを眺めているうちに、E-Inkディスプレイというものにたどり着きました。E-InkはKindleなどの電子書籍端末でポピュラーになっているので、使っている方や見たことがある方も多いと思います。今回は、それの大型なサイズをディスプレイとして使えるようにした2製品をMacと組み合わせて使う場合について徹底的に試してみました。

レポートする2製品は『BOOX MAX2』というE-Inkパネル採用のAndroidタブレットと、『Paperlike HD』というE-Inkパネル採用の外部ディスプレイです。製品紹介自体はYoutubeや様々なブログなどでも見ることができます。(このレポートの終わりにまとめておきます) 続きを読む

広告

Apple Store のガラスが割れた!祭だわっしょい!

アップルストア表参道2015年9月27日

TAC東京支部所属の逸馬です。Apple Store 表参道のガラスが割れたと聞き、事件の翌日の午後にのんびり散策に行ってみました。スクランブル発進したつもりですが、ランチのビールも効いて少し遅かったようです。

上の写真で一枚だけすりガラスのようになった部分がわかるでしょうか。このガラス一面に細かいヒビが入ってしまったそうなのですが、安全のためか、美観を保つためか、ガラスの様子が全く見えない厚手のシートが貼り付けられていました。

別のアングルから見てみます。

  
奥の広告や、アップルマークの光も通していないようなので、もしかしたら不透明の明るいグレーのシートなのかもしれませんね。街路樹の枝の隙間からアップルのロゴが見える絶好のアングルなのですが、とても残念ですね。

 
いちおう真正面から見るとロゴはきちんと見えるようです。今日は界隈のお祭りもあったみたいで、老若男女お神輿担いでいましたよ。(動画をInstagramでアップしました。お姉さん可愛いですね。ショップの店員さんでしょうか)

アップルストアには足繁く通ったこともありいろんな姿を見てきましたが、ガラスが割れたというのは私自身は初めてでした。割れた様子はいろんなところで出回ってますが、以下のサイトでわかりやすくまとまってました。

さすがですね。素早く動かないとこの様子は見られなかったようです。そして昨晩のうちにこのクオリティでリカバーするアップルストアもすごいですね。割れたガラスもシート貼れば使えてiPhoneみたいだなんて皮肉も言ってられません。

いつも立ち寄る渋谷のカフェcent-trente-neuf

以上渋谷のカフェでぶどうのパフェをいただきながらレポートしました。