Velop 導入後の Wi-Fi 環境

先日の記事で Linksys の Velop を購入したお話を書きましたが,導入後についてのお話を書きます

Velop 導入前の大道のインターネット環境は,AirMac に PPPoE 認証をさせて AirMac からの  Wi-Fi は Mac 以外のデバイスからの接続に利用していました

その下部には Time Capsule での Wi-Fi 環境を構築し,こちらには Mac を接続し,Time Machine を使って常時 Mac バックアップをとっていました.更にリビングの AV 機器を有線接続するために無線 LAN を使っての延長機器(アイオーデータ製の AirPort,あくまでも無線 LAN)の下部に L2 SW をおいて AV 機器をインターネット接続していました

また AirMac のメッシュ機能を利用して寝室にも AirMac をもう一台設置して同じ SSID での Wi-Fi 環境を構築していました

NAS も導入していましたが,これは Time Capsule に有線接続して使用しており,低速ながらも使えるレベルでした

問題は,寝室の通信状況がとても不安定であり高頻度で通信断を起こしていました.これがイライラする環境でした(下の画像の左側参照)

IMG_0200.png

これらを上の画像の右側のように変更しました.具体的には,AirMac の運用をやめて PPPoE 認証は Time Capsule にさせ,Time Capsule の Wi-Fi 機能はオフとしました.この下部に Velop を導入することにより,家庭内の Wi-Fi は全てを Velop から制御することにしたのです

C38FAFA1-5B10-416F-8934-8FBACC0E0DFB

この際にVelop をルーターモード(通常のモード)で設定したところ,どうしても Mac から Time Capsule が見えなくなり,NAS にも接続できません.また画像には書いてませんがガラポンTVもネットワークから消えてしまいました

この問題解決に,試行錯誤を繰り返しましたが,意外と簡単な解決方法がありました.Velop をブリッジモードに設定すると全てが解決したのです

0A5BA94B-4490-48F9-BA2F-E7FB30B79406

どうやら,この設定にはコツがあるようであり,Velop 導入時の設定ではルーターモード(通常のモード)で設定し,全ての設定が終わってからブリッジモードにするとうまくいくようです.あ、これは未検証で感覚的な感想ですが(汗

とにかく,Velop を導入後の我が家の Wi-Fi 環境は劇的に安定かつ高速通信となりました.特に寝室の Amazon Echo の安定は今までが何だったのかと思うほどです

Velop ,特にトライバンドの製品は家庭用の Wi-Fi 機材としては決してお安くありません.しかし,それだけの価値は十分にあるというのが導入後の感想です!

広告

Velop 導入後の Wi-Fi 環境」への4件のフィードバック

  1. こんにちは、神戸のひらやまです。
    今日20日にApple心斎橋でVELOPのトライバンド2ノードを買ってきました。
    大道さんのおっしゃるとおり、Time CapsuleからVELOPにLANケーブルを接続しVELOPのアプリで設定をしました。アプリがVELOPを認識しないので、Time CapsuleのネットワークモードをOFFにしたところ、アプリがVELOPを認識し、アプリの通り設定を終了しました。
    が、やはりAirMacユーティリティではインターネットに接続されているのですが、Time Capsuleは見えませんでした。そこでVELOPをブリッジモードにすると大道さんが書かれているとおりTime Capsuleが現れました。
    接続スピードもものすごく速いし、Wi-Fiも安定しています。何よりTime Capsuleでバックアップもいままでどおり取れますし、Time Capsuleに接続したHDDに写真やデータを保存でき、非常に満足しています。
    大道さん、ありがとうございました。

    いいね

    • ひらやまさん,コメントありがとうございます.
      VELOPのトライバンドは安くはありませんが,価格だけの働きはしてくれる頼もしいヤツです!
      設定の際にこの記事が参考になったのなら幸いです.AirMac派のAppleユーザーにぜひ読んでもらってVELOPへの移行の参考になればと思って書いたので本望です!
      TAC Podcast 共々,よろしくお願いします.

      いいね

      • 先日大道さんから教えて頂いて設定したVELOPですが、ブリッジモードだと使えない機能が幾つかあったので、今日はVELOPを再設定し、VELOPでネットワークを構築し、Time Capsuleの方をブリッジモードに設定し、VELOPのネットワーク環境下に入れることで、従来どおりMacからTime Cupsleも見え、ぶら下げていたHDDもアクセス出来ましたし、LinksysのAppを使ってブリッジモードでは出来なかった機能も使えるようになりました。
        今後時間があるときにLinksysのAppを使って設定色々試して見ようと思います。
        先日電器屋WakarでNASの特集を放送されていました、また木澤さんと大道さん3人で詳しくそして分かりやすくNASについて教えて下さい。

        いいね

      • ひらやまさん,コメントありがとうございます
        かなり参考になる使い方,ありがとうございます.私は認証にIPv6対応のルータを導入するか悩んでいますしたが,ひらやまさんの方法なら出来そうですね.もう少し調べてみます.
        ありがとうございました(^o^)

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中