Synology の NAS を買いました

9月のある日,その時は訪れました・・・

普段から Mac のバックアップは AirMac Time Capsule 常時行うようにしていますが,TAC Podcast の音源は編集前の生音源も含めて更に別の HDD ドライブを用意してバックアップしていました

その日もいつものように USB でメインマシンの MacBook Pro に繋ぐと「シューン ポン・シューン ポン」とイヤな音がします.一度目の接続ではマウントすらされず.過去の経験で HDD ドライブの向きを変えたら認識したことがあったので色んな角度を試すこと 30 分ほど,やっとマウントされる向きを発見!

しかしこれではいつデータ消失してもおかしくありません.とりあえず家にあった 2.5 インチ HDD にデータを逃がそうとしますが,データの読み込みがうまく行きません.フォルダ構成が読み取れないようで,マウントしますが中身が空となります

「もうアカン」と思い HDD は廃棄しようと思い翌日朝,今一度,データの吸い出し挑戦してみようと MacBook Pro に繋ぐとなんと認識します.これは帰ってから作業しようと出勤し,帰宅後の夕方に繋ぐとまた「シューン ポン・シューン ポン」とイヤな音.その日は色々と試しましたがいよいよダメ

翌日,近所のジョーシンでバックアップ用に大きめの電源付外付け HDD を購入しますが,なぜか認識ぜす.いつもお世話になっている ハッカースペース大阪 で Windows マシンに接続すると認識します.どうやら相性問題でのトラブルのようです.もう踏んだり蹴ったり(T_T)

でもさすがジョーシン,売り場で相談すると返品を受け付けてくれました(^^)/

さてどうしようかと思っていると ハッカースペース大阪 のオーナーさんが「Synology の NAS なら安くて信頼性も高くて便利やで,ついこの前に納品してとてもよかったで」とのアドバイス,早速,日本橋の PCワンズ で Synology の DS216j と WD の HDD NAS用 3TB WD Red WD30EFRX を2本購入しました.3店合計で税込み44000円ほどの買い物となりまし(DS216j のメーカーサイト

IMG_5512

DS216j は白い筐体が格好良く,大きさは幅10センチほどでティッシュペーパーの箱程度の大きさです

IMG_5517

橫には Synology の文字の切り欠きがあり,冷却空気の通り道になってます

IMG_5513

背面には直径が8センチはある巨大なファンが付いています

IMG_5514

組み立ては2本の HDD を差し込んでネジで留めるだけ.超簡単

IMG_5526

で,電源を入れたら勝手に HDD がフォーマットされて,LAN ケーブルにネットワークに繋いでブラウザから「find.synology.com」と入力したら自動的にDS216j へ接続されましたw

IMG_5533

で,待つこと10分で NAS として使えるように・・・・

IMG_5532

で,家に帰ってご機嫌の悪い HDD を祈る気持ちで Mac に接続するとなんと!!認識しました.すぐに DS216j へデータを転送.300G ほどのデータが2時間ほどで DS216j へ移動できました.本当に間に合って良かったです

IMG_5540

まだ本格的には試していないのですが,この DS216j は同一ネットワークであれば Wi-Fi 経由で iOS アプリを利用してファイルにアクセスできるようです.

したの画像は TAC Podcast 第100回の音源ファイルへ iPhone からアクセスした際のスクリーンショットです.

IMG_3876

これからガンガン使って,色んな事をやってみたくなる Synology の DS216j です!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中