Smart Beam Laser を買いました

先日のAUGM大阪に出展されていたタイセイテックさんの「Smart Beam Laser」を買いました.

佐竹副代表が購入した据え置き型とは違い,この Smart Beam Laser は超小型が特徴的な持ち運び用のプロジェクターです.

下の画像でも分かるように大道の手のひらより小さいです.

この Smart Beam Laser 優れたところとの一つに,レーザー投写型のプロジェクターでなんとピント合わせがまったく不要なところがあります.仕事で常にプロジェクターのピント合わせをしている大道にとっては夢のようです.

中の仕組みは良くわかりませんが(笑)置いてスクリーンに向けるだけでピントが自動で合います.

本体の大きさは5.5cm角のキューブ型で,ルービックキューブよりも一回り小さいくらいです.重さも195gと軽く,バッグの中に入れても重くありませんので,どこへでも持って行けそうです.

この大きさでちゃんとブロアーファンを内臓しています.しばらく使っているとファンの音が聞こえました.小さなファンなので音は気になりません.

本当に驚くくらい小さいです(^^)/

タバコと大きさを比較したら,タバコより小さかったw(喫煙は,あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます.また,肺がんの原因の一つになります.)

実は タイセイテック さんの AUGM 大阪へのご参加にあたり,私のところにお話があった縁で製品ページを以前から見ていました.その特徴的かつ素晴らしい製品コンセプトに実物を見たかったのですが,たまたま TAC ブースの隣が タイセイテックさんのブースになり,すぐに購入してしまいました(笑)

本体との接続は HDMI のような有線での接続でも,Wi-Fi を使った無線接続でも使えるのが便利です

d19444-1-200190-5

 

AUGM 大阪のTACブースでは,iOS 版 Keynote で TAC の紹介を iPhone6s から Wi-Fi(アドホック)で 接続し,AirPlay を使い Smart Beam Laser へ飛ばしてループ再生しました.スピーカーも内蔵なので,TAC Podcast を流しながらでした.集まったファンの方からは好評でした(^^)/

電源が無くてもバッテリーを内蔵しているのでとても手軽に映像を映し出すことができました

上の画像のようにモバイルバッテリーから充電することもでき,外でプレゼンする方には一押しのプロジェクターです

まあ,お安いものではありませんが,心がワクワクするプロジェクターですよ

気になる方のためにスペックを引用して掲載しておきます

投射方式 レーザー駆動LCOS技術(Liquid Crystal On Silicon)
レンズ寿命 最低10,000時間
彩度(明るさ) 100ルーメン
フォーカス方式 自動 オートフォーカス
解像度 720p(1280×720)
アスペクト比 16:9
投影距離 0.2m〜3m
投映サイズ 20〜100インチ
ビデオ入力 HDMI・MHL
Wi-Fi映像入力 AirPlay・DLNA・Miracast
スピーカー出力 モノラル・1.0W
内蔵バッテリー リチウムポリマー電池(4,200mAh)
使用時間 120分
充電時間 270分
動作温度 0〜40℃
外形寸法 5.5cm×5.5cm×5.5cm
重量 195g
主な付属品 充電器、充電用Micro USBケーブル、MHLケーブル、MHL変換アダプタ

Amazon でも販売されているようです

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中