SanDisk CONNECT を買いました

SanDisk Connect Wireless Stick を買いました

前回の TAC Podcast で「期待外れ」とか言った反省を込めて記事にしました(笑)

  

製品の大きさは大人の人差し指くらいの大きさで、普通のUSBメモリと変わらないのに、Wi-Fi で iPhone と接続できる素晴らしい製品です
Mac に挿すと通常のUSBメモリとして使え、同時に本体に充電することができます

カタログによると、満充電で4.5時間ワイヤレスで使用できるようです

  

iPhone では専用アプリをインストールすることが必要ですが、Wi-Fi(無線)で音楽や動画の再生できます

iPhone からの Wi-Fi 接続はとても簡単で、本体の電源を入れて iPhone のWi-Fi をオンにして「SanDisk CONNECT」を選択し、その上で専用アプリを起動するだけです

   

この製品の効果的な利用方法として、iPhone の空き容量が残り少なくなってきた時のカメラロールのバックアップがあります
ボタン一つでバックアップできるので残り容量が少なくなっていている人にお勧めです

  

大道の使い方ではクラウドサービスをバックアップで使っており、この製品と同じような用途でになりますが、大容量のファイルをモバイルデータ通信でアップロードすると「パケ死」を招きます

そこで、この SanDisk Connect Wireless Stick を使用すれば Wi-Fi 経由ですからパケット料金を気にすることはありません

第4回放送の TAC Podcast で「ファイルを iPhone に一旦ダウンロードしないと Facebook などにアップできない」と発言しましたが、正確ではありませんでした

ファイルを選んでの共有メニュー(下の画像参照)であれば簡単にアップできます

失礼しました m(_ _)m

 

この製品、使い方次第では大いに役に立つと思います

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中