Apple TV を買いました

Apple TV (32Gモデル)を買いました

いわゆる、第四世代の Apple TV です

0100

本体への同梱品は電源ケーブル、lightning ケーブルと Siri Remote でした

0200

第三世代(右)と今回購入の第四世代(左)を並べてみました

上から見た大きさは全く同じでした

高さは内部ストレージが搭載されているからなのか、新しいApple TV は厚みが増していました

0300

そうそう、裏側の保守用インターフェイスが USB-C になりました

これも時代の流れなんですかね

0400

今回の Apple TV でのイチオシ機能である、Siri Remote

0500

裏側は iPhone みたいでかっこいいです

0600

Siri Remote は今までのリモコン(そういえば第一世代に付いてたリモコン、iMac にも付いてたましたよね)と違って、Touchサーフェスという Magic Mouse 2 みたいに表面を撫でて使うインターフェイスが採用されました

リモコンに様々な機能が追加されて電力消費も大きくなり、lightning コネクタによる充電式になりました

なので、同梱品に lightning ケーブルがあるわけです

0700

同梱品を確認して、電源ケーブルを本体に接続し、更に本体からHDMIケーブルをテレビに接続して初期設定を開始します

新しい Apple TV もテレビとのインターフェイスはHDMIのみで、第三世代にはあったデジタルオーディオ出力も廃止されています

電源を入れて初めに画面に出てきたのは iOS「デバイスで設定」するのか「手動で設定」するのかの選択でした

ここで「デバイスで設定」を選択すると Bluetooth がオンになっている iOS端末が近くにあればそちらで設定できるようになっています

大道は Apple Watch とペアリングするために Bluetooth をオンしている iPhone が近くにあったので問題なく設定を進める事ができました

0800

「デバイスで設定」を選択すると、iPhone の画面に下の画像のようなダイアログが突然現れました

びっくりしながら「続ける」を選択

0900

すると、Apple ID のパスワード入力が求められます

1000

パスワードを入力すると iPhone での設定は終わりでした

後はリモコンを使って Siri の使用を選択しました

1100

何故か、もう一度本体から Apple ID を入力して初期設定は終わりでした

1200

設定完了後、初期アプリの「App Store」の「購入済み」を選択してみると何故かヤフオク、Hulu、YouTube がありました

色々とウワサのある Hulu を選択してみるとクルクルが出てきてインストール画面にすら移行できませんでした

調べてみると、どうやら第四世代の Apple TV に Hulu がまだ対応していないようです

1300

最後に、まだわずかですが新しい Apple TV を使ってみて「すごい!」と思ったところを紹介します

まずリモコンですが、何も設定していないのにテレビの音量調節がリモコンでできました

地味ですがこれは便利です!

1400

あと、Siri で色々と検索できます

でもこれは iPhone の方が便利です(笑)

1500

今回、Apple TV は価格がかなり上がっており、それに見合う内容かというと疑問です

現状では、私のようなマニアにしかお勧めできない状態です(^_^;)

この先、アップデートによって少しでも使い勝手が良くなる事を祈っています

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中