漢辞海を買いました

日本語で文書を書くことが多い大道は、iOS でも辞書アプリをよく使っています

国語辞典は前から iOS アプリのものを使っており、漢和辞典も欲しいけどいいのなくて探していました

そんな時に「漢辞海」という漢和辞典の辞書アプリに出会いました

このアプリをリリースした 物書堂 の国語辞書「大辞林」は既に愛用しており、これがなかなかの出来なので今回のアプリにも期待しています

この「漢辞海」は三省堂から紙媒体で出版されている「全訳 漢辞海 第三版」を電子辞書として作ったものです

そうそう、大道の大好きなユニバーサルアプリなので一つ買えば iPhone でも iPad 利用できます

公式の説明によると、収録している見出しとなる漢字親字が12,500字で、JISに定められた漢字はすべて収録されているので、とりあえず困ることはなさそうです

電子辞書の強みである検索方法は、漢字の読みによる検索や、漢和辞典ではよくある部首からの検索、更に電子辞書のメリットでもある手書きで検索が使えます

下は検索の元画面になるインデックス検索画面です

でも、漢和辞典って読み分からなくて調べる事が多いので読みから検索することはあんまりないでしょうね

やはり、便利なのは手書き検索だと思います

大道は購入してから手書き検索ばかり使ってます

これがかなり精度の高い文字認識率でとても重宝しています

この手書き検索は、パナソニックが開発した手書き文字認識エンジンの「楽ひら」っていうのを使っているそうです

まあ、その技術がすごいのかどうかも分かりませんが(笑)

今なら(2015年11月25日まで)本来の価格3000円のところ、期間限定で1400円での発売記念セール販売が行われていますので、買うなら今です(^^)/

広告

AUGM Osaka / October 2015 を開催しました

2015年10月24日(土)にTACも加盟する AUGM大阪実行委員会 の主催により、AUGM Osaka / October 2015 を淀屋橋にありますAP淀屋橋をお借りして開催しました

新しい iPhone の発売から約1か月後のイベントであったため、会場では新しい iPhone 6s や 6s plus をお持ちの方が結構な数いらしゃったのが印象的でした

今回、大道は司会者として運営に参加させていただきました

0000

AUGMは様々なベンダーさんのご協賛・ご協力や参加者のみなさんと一緒に楽しむイベントです

今回参加いただきブースを出展されたベンダーさんを順不同、会場左前からご紹介します

サプライの宝庫エレコムさん、滋賀のAPRキットカットさん

0010

リッチマンレンズで有名な gadget square 沖田さん、cheero ブランドでモバイルバッテリーなどを展開するティ・アール・エイさん

0020

Mac で Windows を使うときには欠かせない Parallels さん、クラウドにバックアップするサービスを提供する Acronis さん

0030

もう、どのブースも大人気で休憩時間は人だかりができていました

ベンダーさんではありませんが、Mugunet の元代表でもありAUGM大阪のスタッフでもある「ワンボタンの声」監修の大阪電気通信大学の魚井先生は前回に引き続き LittleBits のデモを実施されていました

0070

約100人の参加者を円滑に入場させてくれた受付係はTAC関西女子部長のしのいさんとTAC会員のいまい君が担当してくれました

0080

今回はなんとAUGM鹿児島からとAUGM大分からも代表が来られていました

0090

会場にいらっしゃる皆さんの iPad や Mac に貼られているステッカーにはTACステッカーも見られ、TACの存在感が地元大阪ではなかなかのものになって来たことを実感しました

0100

会場には約100名の参加者にお越しいただき、中央最前列には「ワンボタンの声」の山村さんと松尾さんが陣取っていました

0110

アドビシステムズさんのプレゼンテーションでは、クリエイティブクラウドのサブスクリプション製品を使って大道の画像を加工してもらいました

0120

大道の画像を加工してもらって、目をパッチリして口も笑顔にしてもらいました(笑)

0130

発表の最後はAUGM大阪名物「勝手に Genius」でジャンケン大会へ

0140

あ、そうそう、会場にはリッチマンレンズの名付け親である佐藤豊彦(佐藤リッチマン)さんも来られていました

もちろん、佐藤さんの iPhone には白いリッチマンレンズが取り付けてありました

0150

ジャンケン大会はいつものように魚井先生と参加者の戦いです

大道は バード電子 さんの TOTTE をゲット、これホンマに欲しかったんです!!

0160

今回もたくさんのみなさんにご参加いただき AUGM Osaka / October 2015 は大盛会で終わることができました

次回は2016年初頭に行う予定ですので、今回以上のご参加をお待ちしております!

iPhone 6s ガラス割れ交換顛末

iPhone 6s が販売されてからまだ1ヶ月も経ってませんが、大道は液晶ガラス面を割ってしまいました

今まで、iPhone を初代モデルから買い替えながら全てのモデルを使ってきましたが、ガラス面を割ってしまったのは今回が初めてです

ガラス面を割った状況は、帰宅して部屋の鍵を開け、何気なくポケットから iPhone を出した時に悲劇は起きました

手から滑り落ちる iPhone、コンクリートの床面にガラス面が地面側に、更にホームボタン側が下になった状態で落ちました

ちゃんとケースにも入れておりましたが、どうやら打ち所が悪かったらしくガラス面は粉々に、特にホームボタンの周りは割れたガラスが無くなるほど粉々になりました

「もう、あかん」と寂しい気持ちで部屋に入り、その日はとっとと寝ました

翌日、どうにかして修理はしないといけないしと、お昼休みにアップルのウェブサイトのサポートからチャットで修理相談をしてみることにしまさた

ウェブサイトから修理の内容がガラス割れであることやシリアルをあらかじめ入力してから電話相談やチャット相談が選択できる画面に移行しました

ウェブサイトからチャットで相談を希望してから待つこと2分ほど、

ブラウザ画面がチャット画面に切り替わります

あらかじめ、ガラス割れ修理相談と入力してからチャット相談を申し込んだので、話はどんどん進んで行きました

シリアルから AppleCare+ に加入していることもジーニアスの方は分かっていました

早く修理を望むことと、AppleCare+ に加入していることで提案された修理方法が「エクスプレス交換サービス」という修理サービスでした

このサービスはアップルからクロネコヤマトの宅急便で交換品 のiPhone が届き、その場で速やかに修理する iPhone を箱詰めして返すだけで完結するサービスで、以前にこのブログに書いた「Apple Watch Sport 交換顛末 」の時にも使ったサービスです

このエクスプレス交換サービスの大まかな流れは次のような感じです

・交換サービスの申し込む

・メールの案内に従ってクレジットカード情報の入力する

・アップルから カードに修理費用が請求され、同時に送ってくる交換品の iPhone 6s の端末代が仮請求される

・交換品が用意できたら、ヤマトが配達してくれて同時に修理品をアップルへ発送

・アップルに修理品が到着して、申し込んだ修理内容と間違いないかを確認する(水没とか分かったら、カードへの仮請求が本当の請求になるそうです)

・問題なければ仮の請求が取り消され、ホンマの修理代金のみとなる

今回は修理代金が12744円で、交換品の仮請求が119664円でした

もちろん、交換品として届いた iPhone はそのまま使え、決して修理する iPhone のガラスが交換されて再び届くわけではありません

クレジットカードの情報を入力すると、ここからこのサービスかけるアップルの底力を見せつけられました!

なんと、チャットで修理を申し込んだら、チャットの最中にカード情報入力案内のメールが届き、その日の夕刻には交換品発送のメールが来たのです

「なんじゃ、こりゃー!」との勢いで翌日には交換品が到着し

外箱を開けて白い交換品用の箱を取り出し

その交換品用の白い箱から iPhone を取り出し

ガラスの割れた iPhone を送りました

この間、ヤマトのドライバーさんの「早くしろ!」オーラに押されて約3分ほどのスピード作業でした(笑)

同封された紙には「ご不便をかけて申し訳ありません」との文字がありましたが、迷惑かけてるのは私なので恐縮しました

その紙の裏にはSIM抜き用のピンも入ってました

大道のように壊れた iPhone からSIMを抜いて他の iPhone にSIMを移して使う人よりも、届いた iPhone にその場でSIMを入れ替える人の方が多いのでしょうね

届いたガラスの割れていない iPhone にSIMを入れてアクティベートしたら iTunes から iPhone を復元しました

復元してからすぐに Apple Watch のペアリングをして全ての作業は終了です

最後に話題のプロセッサーが TSMC 製か Samsung 製か調べてみたら、交換前は TSMC 製でしたが交換後は Samsung 製でした

例の電池の持ち時間の話、信じてませんが一応書いておきます

Tweetbot 4 がリリースされました

大道が iOS で使う Twitter クライアントは Tweetbot for iOS なんですが、iPhone 版はバージョンアップするのに iPad 版は放置される状態が続いていました

そんな Tweetbot for iOS がバージョンアップしてユニバーサルアプリ(iPad でも iPhone でも使える)としてリリースされました

iPad 版のバージョンアップが止まっていたので、iPad mini では iPhone 版を無理に使ってました

新しいバージョンをインストールしたら大道の iPad mini には3つのバージョンが並びました(笑)

新たなバージョンでは、今までのメニューに加えて Stats と Activity というメニューが増えました

グラフみたいなアイコンをタップする Stats と Activity の画面移行し、自分のツイートへの反応が確認でき、Activit ではメンションやお気に入りにされたのを一覧で表示してくれます

特にリツイートにはお返事したい事が多いので、バージョン3では各ツイートの詳細を見ていちいちリツイート情報を確認していたのが一覧になり便利になったと思います

更にMac で YoruFukurou(夜フクロウ) を使っている人には Tweet Marker での連携もあり、既読ツイートを引き継げるのでお勧めです

今(2015年10月4日現在)なら定額1200円のところを半額の600円です

結構なお値段しますが、iPad でも iPhone でも使えるので半額のうちに買いましょう(^^)/

話題のあの図書館、海老名市立中央図書館を利用してきました。by TAC神奈川支部長

まずはじめに、海老名市立図書館が注目された一因である、武雄市図書館問題について、私は中立的な立場です。問題点は改善されるべきですし、公立図書館運営に不透明な部分があってはいけないと思います。今回の海老名市立図書館改修事業についても、元海老名市民であり、割と本が好きな近隣市民であることのほか、特に利害関係にはありません。一利用者としての楽しみ方を中心に記事にします。

写真1 海老名市立中央図書館外観-テラス席が目立つほか、特に変化はないように感じました。 屋上のドームは私も昔見たプラネタリウムでしたが、キッズとしょかんになっています。

写真2 正面玄関-蔦屋書店風のロゴマーク

こちらの正面玄関とは別に、駐車場に近い方にも入口があり、入ってすぐのカウンターで共用駐車場の駐車券を機械に通すと出庫できるようになります。

10月3日現在、特設テントで利用者カードの作成、もしくは、利用者が既に持っているTカードへの利用者情報の登録を受け付けていました。今回は、記念に新規のTカードを作ってみました。

写真3 海老名市立図書館の名前が入ったTカード、図書館利用者カードとして機能するほか、買い物の際は通常のポイントカードとして使えます。本人が身分証を提示すれば、海老名市民でなくても作成できます。

写真4 中央図書館パンフレット B1Fから4Fまでの5フロア、蓋が閉まる飲み物は何処へでも持ち込めるそうです。

スタバ周辺の席と、2Fの吹き抜けを見下ろす席には利用可能な電源があり、ラップトップやタブレットも利用しやすい環境です。席には限りがあるので、譲り合いの精神で、、、しかし、屋上テラス席の大部分が天蓋なしなのは残念です。雨の日の席の確保は、晴天時より難しいかも知れません。

右上の地図にある通り、図書館は小田急線・相鉄線とJR相模線の海老名駅の間を、南西に少し歩いた場所にあります。JR側にららぽーと海老名も建設中であり、田んぼしかなかったのも今は昔、話題のベッドタウンと言った趣です。


写真5 CCCの「全てをカード1枚で」の理念に反し、ミーハー目的でTカードを新規作成してしまった罪滅ぼしに、一番大きいドリップコーヒーを購入、108円でおかわりまでして1リットル超え、お昼ご飯は食べられませんでした。

次回からはペットボトルや水筒などを持ち込むか、水飲み場で喉を潤します。利用者としては、他人のやけどや資料や商品の汚損に十分注意したいですね。

写真6 パンフレット裏面 ここまででお気付きの方もいるかと思いますが、館内は写真撮影禁止です。肖像権、知的財産権、人権諸々のためでしょうか? いくらおしゃれで話題だからと言ってルールをやぶった撮影はイケマセン。というわけで、中の様子は「リンクを無断で貼ってはいけない公式サイトか、ご自分の目でご確認ください」

また、ミドリのエプロンの人には珈琲の、黒いチョッキの人には探している本の質問をしましょう。運営上の問題や疑問点は末端の人を困らせるだけなので、根拠を示して、書面かメールで運営の背広の人宛に送るのが良いと思いますよ。現場へのイチャモンや、大声での批評は他の利用者に迷惑です。一生懸命気を使って対応してくださている方ばかりでした、そっと不明点を質問程度にしましょう。


写真7 金属製のBOXに守られたiPadで蔵書を検索し、情報を印刷すると、情報に加えて書架の位置がレシート状の感熱紙で出力され探すのに便利でした。

カウンターで声をかけると1時間借りられる貸し出し用のiPad Air2でも、画面上で地図を確認できましたが、見たい情報が見切れてしまっていたりすることもあるので、慣れるまでは戸惑うかも知れません。人文系の図書は分類ごとに分けられた上で、著者の50音順、その他は、内容の分類順に並べられているようでした。なお、iPadは指定アプリ以外動かないようロックされ1時間のタイマーをセットされています。

仮パスワードをカウンターで発行してもらい、登録することで、本の予約や自分の借りている本を表示できる図書館のウェブサイト、スマホサイトからも本の検索はできます。しかし、保管場所の地図は出せないようでした。簡単操作で地図が出せるスマホアプリがあったら良いなと思いました。

さて、いかがだったでしょうか?参考にならなかった?1日ゆっくり利用して感じたのは、従来の図書館とCCCの図書館は、コンセプトが違うということです。まるで、WindowsとMacのようです。それぞれに利点と欠点があり、バグも当然ある。結局は私達がどう使いこなすか次第だと感じます。

最後に、オープンしたての土曜日ということもあって、スターバックスコーヒーはお昼前から行列していましたが、文句を言う必要はありません。蔦屋書店は立ち読みどころか、座って熟読して買わなくても問題のない本屋さんです。コーヒーを待ちながら、この本は買うに値する本か熟考していれば良いのです。地下や2階以上の図書館で借りてきた本を読んで悠々待つこともできます。コーヒーで汚れる?いつもお家で気をつけている程度に気をつければまず大丈夫です!最悪買い取り、弁償する覚悟さえあれば!