Apple Watch Sport 交換顛末

Apple Watch はとても便利なデバイスで大道も愛用しています

でも悲しいことに使い出して2週間ほどで大道の Apple Watch Sport スペースグレイモデル裏面の刻印文字の塗装が下の画像のように一部剥げてしまいました

ANR ワンボタンの声」で山村さんが同じ塗装剥がれを Apple Store に持ち込んで修理交換してもらったようなので、大道も Apple Store に持ち込んで修理(交換)してもらおうとしましたが、先日の記事に Apple Store で Apple Watch は修理してくれなかった話を書きました

実はその際にサポートに電話して相談することを勧められました

家に帰ってからサポートに電話し、Apple Watch Sport の裏の塗装が剥がれている事を伝えました

するとシリアル番号などを聞かれましたので答えると電話口のサポートのお姉さんから「お客様の Apple Watch は Apple Care に加入されていますので、すぐに代替え品を送ります」という嬉しい対応でした

Apple Store で「製品の性能に影響無いので修理はできない」と言われたのとは雲泥の差の対応です

代替え品を送る条件として、Apple Watch を探す機能を無効にすることとクレジットカード情報を登録することお願いされました

言われた「Apple Watch を探す」機能を無効にしようとしましたが、そんな機能あったかな? というレベルの大道は無効にする方法をサポートのお姉さんに聞くと 「iPhone と Apple Watch をペアリング解除してください」とのこと、すぐに iPhone からペアリングの解除をしたのですが、どうやら電話の向こうでサポートのお姉さんはペアリング状況まで見えているようでした

ところで「Apple Watch を探す」ってOS2 からの機能なんですかね?

ペアリングの解除をしたら後はクレジットカード情報の入力です

この修理用に使うクレジットカード情報は Apple ID に紐付けされたクレジットカードがあっても修理交換の際には改めてこの修理だけのために登録が必要とのことでした

これはメールにて入力するURLの情報を送ってくれるとの事でしたので、こちらのメールアドレスを口頭で伝え、最後にサポートから修理受付番号をもらって電話を切りました

電話を切ってメールを確認すると既にカード情報入力用のメールが着信していましたのですぐに入力しました

上の2つを実施するとその日の夕刻には出荷のお知らせメールが着信し、次の日にはヤマトの宅急便で交換品を受け取ることがでしました

本当にびっくりするくらい迅速な対応です

受け取った箱に修理品である今まで使っていた Apple Watch Sport を詰めてクロネコヤマトのドライバーに渡して全ての手続きが完了です

新しい Apple Watch Sport を手にとってみると驚きの事実が判明しました!!

なんと裏面の文字が刻印(彫った)文字から印刷に変わっていたのです

この理由を推測するに初期ロットで私と同じように彫った文字の塗装が剥がれるトラブルが多発していたので仕様を変更したものと思われます

彫った文字の方がカッコイイですが塗装が剥がれてしまっては、そこからアルミが腐食する可能性があるのある意味よい決断だと思います

Apple Watch Sport のスペースグレイを使っている人は裏の文字を確認することをお勧めします

Apple Watch Sport 交換顛末」への5件のフィードバック

  1. 初めまして。私も同じ症状で同じ顛末でした。今までは刻印だったのでしょうか?
    ただ単に刻印というより穴開けて塗装を吹き付けただけだったのかな?と思いましたが。
    新しいプリントでは剥がれないのでしょうかね?無印とかでは刻印なのに剥がれないのかな?
    Appleは、この手の情報を公式に発表しないですよね。

    いいね

    • Kubota さん
      コメントありがとうございます。記事を書いたTAC代表の大道です。
      初期のロットの文字塗装について、その道の専門家ではありませんので刻印なのか穴を開けて塗装していたのかは判断をすることは私にはできません。しかし、どちらにせよグレーの酸化皮膜面を彫っていたことは間違いない事実です。わざわざ彫って文字を表現したこだわりが裏目に出たって感じですね。
      新しいものにはただの印刷だと思いますが、その印刷も剥がれることが無いとは言えないでしょうね。でも大きく違うのは皮膜面を彫って文字を表現していないので、剥がれてもボディに影響は無いものと考えられます。
      iPhone の裏にシリアル番号とかが印刷されていますが、それとこの Apple Watch 裏面の印字は同じ技術だと思われます。あれって3年以上経っても剥がれていないのでこれも大丈夫だと信じます。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中