大阪e-お薬手帳

大阪e-お薬手帳」という事業をご存じですか?
それは大阪府薬剤師会が行っている活動で
普段から服用している薬の情報を
iPhone などの電子版のお薬手帳に
情報を記録するアプリを公開されています
001_20140517201640ca6.png
具体的な使い方としては薬手帳の電子データを
iPhone に保存することによって
紙のお薬手帳を忘れて薬局に行ったとき
過去に処方されたお薬が参照できるアプリです
002_2014051720164263c.png
記録の方法はとても簡単で
薬局で発行されるお薬の情報の入った
QRコードをアプリから読み取るだけです
これだけで、どの薬局でどんな薬をもらったかを
アプリから見ることができます
003_201405172016437a4.png
004_20140517201645ecf.png
誕生のきっかけは、東日本大震災だそうです
薬を必要する被災者の方がたくさんいましたが
普段から服用している薬がなんなのかも
特定が困難だったとのことです
でも、薬の手帳を持ってる人は
普段の飲んでいる薬がすぐ分かって
治療を続けることができたそうです
もし大規模災害が起こっても避難するときに
スマホは持ってることが多いので
そのにお薬手帳の情報が入っていれば
なんかあっても安心ですよね
でも、過信は禁物です
知り合いの薬剤師さんに意見を聞いたら
このアプリはあくまでも処方されている薬を
自己管理するのためのひとつのツールなので
紙のお手帳も合わせて持ち歩くことを
オススメしますとの事でした
2014年5月17日現在でアプリが使える地域は
岩手県、宮城県、福島県、栃木県、東京都、
新潟県、静岡県、愛知県、三重県、京都府、
大阪府、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、
広島県、山口県、高知県、福岡県、長崎県です
服用しているお薬の管理にも使えるアプリです
みなさんもぜひお使い下さい(^^)/

広告