木製 iPhone ケース

前回の記事で紹介した iPhone ケース展に出展されていた
松葉製作所さんの木製 iPhone ケース買っちゃいました
松葉製作所さんが今回のケース展に来られているのは知らなかったのですが
もう芸術品の域に達しているケースは注目の的でした
040_20130104081721.png
松葉製作所さんとは、公式ページから引用した紹介を記します
~~~~~~~ 以下引用 ~~~~~~~
モノづくりのまち広島県府中市にある「松葉製作所」。
木材の精密加工を得意とする小さな会社です。
前身の会社を含めると創業70年を超え、
現在でも職歴40年を超えるベテラン職人を数人擁しています。
その高度な技術を活かし、一点一点表情の違う、
「木製iPhone4S/4ケース」を作ってみました。
美しい木目を最大限に活かすため、
木製ケースは無垢の一枚板から削り出しで作成しています。
持った時に片手で操作できるよう、
最薄部で約2mmという木材として強度の保てるギリギリの厚みに設計にしました。
切削工程は0.01mm単位で微調整した機械で加工します。
パチッとはまる抜群のフィット感は高精度を要求される木型製作所ならではのもので、
木材とは思えないレベルで仕上がっています。
しかし、仕上げは職人が一つ一つ丁寧に手作業で調整しなければ、
このなめらかな手触り感は得られません。
こうして完成した木製iPhone4S/4ケース、
実はすべて20年以上前の機械のみで作られています。
木・伝統・技術・手作業といったアナログなケースが、
iPhoneという最先端デジタル機器を彩ります。
~~~~~~~ 引用終わり ~~~~~~~
とにかく質感が最高の素晴らしい木製ケースなのです
大道も以前からこの木製 iPhone ケースを人から見せてもらったり
facebook ページなどで見て「いいな~」と思っていたのですが
けっこういいお値段なので買うのは躊躇してました
しかし、手にとって見る機会がありましたので
手に取ったらもうダメですねw 買ってしまいました
050_20130104081721.png
大道は購入したケースは節がたくさんある木材を使っていて
まだら模様や小さな穴がたくさんあってとても個性的です
IMG_7726.png
購入後、作製された松葉さんと記念撮影させていただきました
060_20130104081851.png
これは正月からいい買い物ができました
2013年いいスタートとなりました
後日、松葉さんに聞いた情報によると
大道が買わせてもらった「栃瘤小口」のケースは
材料が新たに入手できないため
非常にレアな iPhone ケースだそうです!
ますます自慢できそうです(^-^)/
松葉製作所さんの Facebook ページはコチラ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中