Facebook のアプリセンター

Facebook にアプリセンターというサービス開設されました
これでアプリを集中的に管理するようですが
今のところ、日本語アプリの掲載はないようです
どうやらアプリセンターは、全てのアプリを掲載しているわけではなく
ある程度のユーザー数や星で示される評価を
ユーザーから得たアプリケーションだけを紹介しているようです
そういう理由で掲載されているアプリは
数あるアプリの一部だけとなっていますが
アプリの品質は客観的に高く(堅く)なっているようです
将来的には有料アプリも公開されるようですが
まだ見つけることはできませんでした
音楽配信系のアプリは著作権の関係なのか
日本では利用できないようです
ここで利用者を混乱させると思うのは
アプリセンターに掲載されているアプリが
全て日本で使えるとは限らない点です
利用できないアプリは掲載しないようにして欲しいですね
では iPad での利用画面を見てみましょう
これは Web でも同じですが左のメニューから
「アプリセンター」を選択します
IMG_0015.png
するとアプリセンターのアプリが表示されます
IMG_0013.png
いろいろとアプリがありますが
星が多いのはゲームのようです
IMG_0014.png
でも Facebook のアプリって
勝手に「友達」に招待メールを送るので
どうして利用する気にならないです

画像のいらない部分を消す「TouchRetouch」

Twitter などに画像をアップするとき
見ず知らずの他人が写っている画像が
公開しないようにしていますよね
でもどうしても公開したい画像があったとき
いらない部分を自然に消すことができたら
無限の可能性が広がりますね(←大袈裟w)
そんな加工を可能としたアプリが
TouchRetouch」です
touchretouch.jpg
iPhone で画像から消したい部分を指で選んだ後で
「スタート」ボタンを押すだけで修整ができます
公式ページから紹介文を引用すると
* 空や他の背景などからまだら模様を消す。
* 写真から電線を消す。
* 建物の看板を消す。
* 景色から人工的なもの(橋、建物、テント、船など)を消す。
* 自分で撮った写真から自分の影を消す。
* スナップ写真から他の人を消す。
* 色むらや揺らぎを消す。
* でこぼこな表面をスムーズにする。
* 顔をなめらかに修正する。
などができるそうです
では実際に使ってみます
アプリを起動すると
iPhone に保存されている画像を加工するのか
カメラで撮影してから加工するのか選択できます
IMG_7129.png
画像を選択したら加工する前にサイズを選びます
画像サイズが大きいほど仕上げに時間がかかります
IMG_7131.png
下の画像、サングラスに大道が写り込んでます
これを消してみます
IMG_7132_20120726023154.png
サングラスの部分をピンチで拡大して
指で消したい部分を擦ると赤くなります
あとでこの赤い部分が修正されるのです
IMG_7134.png
指定後、下の[ Start > ボタンを押すと
あら不思議! 画像が修正され
指定部分が自然に消されました!
IMG_7135.png
全体を見ながら加工すると
下の画像のように拡大図が現れて
修正部分を指定するのも簡単です
IMG_7137.png
他にも「ビデオ」による使い方解説もあります
IMG_7129.png
「初心者用」が「経験者用」を選んでタップすると
Youtube のページにアップされた解説動画が見られます
IMG_7130.png
有料アプリですが無料のお試し版もあります
昨日は同じで仕上がった画像に透かしが入ります
まずは無料版で機能を試してみるのをお勧めします

URL to PDF

みなさんは iPhone や iPad でWebページ閲覧していて
「このページを残したい」と思ったことはないですか
そんな時は EverNote に残すと便利なのですが
残したページを自分が見るのではなく
他の人に見せたいときに
PDF化したいなと思ったことはありませんか?
そんな時に便利なのが「URL to PDF」です
urltopdf.jpg
このアプリを使うと
PDF化したいWeb ページのURLを入力するだけで
簡単に内容をPDF化してくれます!
使い方はいたって簡単です
アプリを立ち上げて「URL」蘭に
PDF化したいページのURLを書き込みます
ブラウザからコピー&ペーストで入力すると簡単です
書き込んだら「Convert Start」ボタンを押すだけ
002_20120723201237.png
するとページのPDF化が始まり
SAFARI が自動的に起動してコンバートが終了した
PDF文書を SAFARI で表示してくれます
003_20120723201236.png
iPhone の標準アプリの「iBook」で開くを選択すると
これも自動的に iBook が起動して本棚に格納されます
004_20120723201235.png
iBook で閲覧すると
適当な大きさでページに分割されて
PDF化されているのが分かります
005_20120723201235.png
「Send to E-mail」蘭にメールアドレスを入力して
「Convert Start」ボタンを押すと
008.png
そのメールアドレスにメールが届き
添付ファイルとして受け取ることができます
009.png
複雑な機能は搭載されていませんが
簡単にPDF化するという点に特化した
なかなか使い勝手のいいアプリだと思います

Mac版 Tweetbot

皆さんは「Tweetbot」と言う iOS 版の
ツイッタークライアントをご存じでしょうか?
iPhone と iPad にそれぞれ用意されている
なかなか使い勝手のいい有料アプリです
その Tweetbot に Mac 版が誕生しました
まだαバージョン(7月中旬現在)ですが
とりあえず使えるレベルには到達しています
大道がいつも Mac で使っている
ツイッタークライアントは 夜フクロウ なんですが
iPhone と iPad では Tweetbot 派なので
無性に使ってみたくなりインストールしてみました
まずは Tweerbot Mac 版の Web ページにアクセス
tweetbot01.jpeg
するとトップページに
「このアプリはαバージョンであり
バグや不完全な機能があるけどええか?」
と書いてあります
くれぐれもインストールは自己責任でお願いします
ダウンロードした ZIP ファイルを解凍して
起動してみると Twitter アカウントを認証しろと言われます
tweetbot02.jpeg
サインインのボタンをクリックすると
他のアプリと同様にブラウザから
Twitter サイトへ繋がり認証を行います
tweetbot03.jpeg
ここまでとても簡単にできました
最近は Mac App Store でアプリを
インストールすることが多いので
なんか久々の感じがしましたw
肝心のアプリの使い勝手は
iPhone 版の Tweetbot に慣れているので
とても使い易く感じました
「うまくできてるな〜」と感心したのは
ツイートを投稿するときに「Tweet」ボタンを押さなくても
command + return でも投稿できるところです
tweetbot05.jpg
Mac ではキーボードだけで操作することが多いので
とても考えて作ってるな〜と思いました
αバージョンなので更に発展することを期待します!